Exablox

OneBlox 4312 Appliance

ExabloxはOneBloxでストレージの再定義を行います。OneBloxは、オブジェクトベースのストレージでありながらNFSおよびSMB/CIFSプロトコルでアクセス可能な、業界初のスケールアウトNASアプライアンス製品です。インライン重複排除・圧縮、継続的なデータ保護、完全自動のスケーラビリテイといった最新技術を含んだソリューションが、Exabloxで手軽に利用できるようになりました。

Exablox特長・機能 | パワフル・シンプル・堅牢

スケールアウトアーキテクチャ

OneBloxはシームレスなスケールアウト「リングアーキテクチャ」を採用し、複数のOneBloxアプライアンスから、統合された、単一のファイルシステムを提供します。
このリングアーキテクチャは一つ以上のOneBloxで構成され、数TBから500TB超まで拡張可能です。OneBloxアーキテクチャ上でのインライン重複排除・圧縮と継続的なデータ保護(CDP)で、データ保全のためだけに余分なストレージを所有する必要がなくなります。また、ビジネスにおけるストレージ要件の変化に対しても、OneBloxは必要に応じてディスクおよび筐体を追加することでシステム停止や設定不要で、統合された単一のファイルシステムを構築できます。

ダイナミックなデータ削減

Exabloxは可変長/固定長のインライン重複排除を選択可能なストレージを提供している業界唯一のベンダーです。可変長の重複排除はバックアップ/リカバリー用途に最適で、通常10倍以上の非常に高い重複排除率を実現します。さらに、OneBloxのユニークなアーキテクチャにより、インライン圧縮とCDPもご利用いただけます。単一のリングで、OneBloxの利用可能な容量は4PB超まで拡張できます。

*実際の重複排除率は保存されるユーザデータにより変化いたします。

動的な拡張性

ディスクの追加にRAIDグループ、LUNやボリュームの設定は不要です。
OneBloxやそのリングアーキテクチャ内では、SATAやSASのようなインターフェイス、容量の組み合わせに柔軟に対応できます。ストレージの導入時から企業の成長に合わせ、様々なディスクやストレージを二一ズに合わせて増設いただけます。OneBloxは追加デバイスを既存グローバルファイルシステムのプールに、2分以内に自動で追加いたします。また、ユーザーやアプリケーションの停止、設定作業、マウス操作やコマンド操作、高度なストレージ技術者は不要なのです。OneBloxの高度なインライン重複排除・圧縮によりストレージの無駄は最小化され、プライマリストレージの効率を最大化できます。

俊敏性と経済性

OneBloxの敏速で柔軟なストレージの拡張性は、大幅なコスト削減をもたらします。
Exabloxではコモディティー化されたディスクを活用する設計思想を採用し、どのようなタイプや容量のディスクでもOneBloxに組み込むことが出来るのです。また、インライン重複排除・圧縮、CDP、リモートレプリケーションも追加の費用無しにご利用頂けますので、他のストレージソリューションと比較し、10倍ものコスト削減を実現いたします。




簡単な設定

OneBloxはインストールも含め、5分以内に利用できるようになります。必要なのは、最低3本のディスクと、Ethernetとの接続、電源。あとはOneBloxを立ち上げるだけです。
ストレージ管理の大半を占める設定変更や、不良ディスク交換も、アプリケーションを停止せずに行えます。容量不足の際には単純にディスクを追加するだけで、既存のグローバルファイルシステムに即座に容量が反映されます。可用性や性能向上の場合においても、OneBloxを増設することで自動的に設定されますので、アプリケーションやユーザーを停止する必要はありません。今までにないスケーラビリティをOneBloxがビジネスにもたらします。

クラウドベースの管理プラットフォーム

OneSystemは安全なクラウドベースの管理プラットフォームで、ブラウザや場所を問わずにOneBloxの監視、レポート作成、管理を行います。時間のかかるソフトウェア更新や管理用サーバを不要にすることで、ログインするだけでストレージの状態を確認することができます。ストレージの設置場所に依存せず複数サイトのシステムを一元管理することも可能です。管理プラットフォームは、クラウドベースのシステム以外にオンプレミス版もご選択頂けます。

継続的なデータ保護(CDP)

OneBloxのCDPは保存されたデータを完全に保護します。
継続して作成される無制限のスナップショットにより、すべてのファイルは破損や削除、その他のエラーから簡単に復元できます。その結果、エンドユーザーは、Mac FinderやWindows Explorerを利用して、簡単にファイル復元を行えます。ただ探して復元するだけで、管理者が前日のバックアップからファイルをリストアする必要はありません。




情報に常にアクセス可能

リアルタイムのレプリケーションにより、OneBloxリング内に保存された情報は完全に保護されています。RAID技術を採用せず、OneBloxは複数ディスクにデータを分散し、透過的に複製を行います。そのため、 1つの筐体、または2つのディスク障害からデータを保護できます。さらに、複数サイトでのレプリケーションを行った場合、先進的なリングアーキテクチャにより、サイト全体の障害からデータを保護するサイト間のレプリケーションも実装されています。OneBloxはデータ保護に関するビジネスニーズを常に満たしていきます。コストのかかるストレージコントローラの更改やシステム停止、設定変更の必要はありません。

キャンペーン実施中!

SCSKのwebサイトへ